教えて!Dr.Eggs!

Omelets ~オムレツ~

オムレツ

I don’t cook much.

 

Now, I didn’t say that I CAN’T cook much, just that I don’t. I enjoy cooking, and I really should do more of it, but it can be really hard to feel motivated to cook after a long day at work, especially since I would only be cooking for myself. Still, every once in a while, I like to cook a meal for myself. If nothing else, it’s good to practice.

 

When I was younger, I used to cook brunch for my family on the weekends. One of the dishes I got pretty good at making was omelets. Crack open two or three eggs, mix them up with some milk, and get to frying them in the pan. I like omelets with a lot of ingredients inside, so I would shred some cheddar cheese, slice up some mushrooms, onions, green peppers, and ham, and add them in as the omelet started to solidify. (I’m getting hungry just writing this.) It’s tough to find the right balance of ingredients, though. Put in too much and you have a really hard time folding your omelet over. Not enough, and it’s just a lot of egg. Heh.

 

I guess my family liked them. They never told me to stop cooking omelets, so either my family is just really nice to me, or they liked them. Let’s go with the latter. I even got pretty good at flipping my omelets over without using a spatula. It’s pretty difficult, and can get messy if you don’t do it right. (Of course, that’s true even if you use a spatula.) But when you get that perfect omelet flip, oh, it’s a great feeling. Also, one of the best things about cooking omelets is that even if you mess up flipping it over, and it falls apart in the pan, you can just roll with it and say you were planning on making scrambled eggs anyway. The power of positive thinking!

 

When I was first living in Japan and working as an Assistant Language Teacher, I was invited to take part in some international exchange events that involved cooking. I figured I should share something I was good at, so one time I decided to cook omelets. I got the same ingredients I always used, cooked up some omelets, and shared them with the participants. Almost right away, people started talking about how sharp and intense the onions tasted, which really confused me because that shouldn’t be the case. So I took a bite. WOW! Tasting the onions was like getting slapped across the face.

 

The reason this surprised me goes back to where I grew up in the US. Southeast Washington State is famous for a variety of onion called the Walla Walla Sweet Onion. As the name implies, they are sweet, even when raw. You don’t have to do anything special to them, because the flavor is wonderful. They’re great raw! You can even put a slice of a Walla Walla Sweet on your hamburger. Just perfect, And I grew up thinking that was how onions tasted. So I was pretty shocked when I found out that was more the exception than the rule, and I felt pretty bad for all the people who were not enjoying their omelets because I didn’t know how to prepare onions the right way.

 

I wonder if that’s why I never get invited to cooking events anymore….

 


 

私はあまり料理をしない。

 

料理があまりできないのではなく、ただあまりしないと言っているんだ。料理するのは好きだし、本当はもっとするべきなんだけど、長い一日の仕事のあとに、料理をしようと自分を奮い立たせるのはなかなか難しい。一人のための食事だしな。それでも、時々、何か料理したくなるんだ。ほかの理由はさておき、練習することはいいことだ。

 

若いころ、週末になると家族のために時々ブランチを作っていたものだ。いくつかの料理の中で、得意となっていたものの一つはオムレツだった。卵2,3個を割って、牛乳と一緒にといて、そしてフライパンで焼き始める。具材が多いオムレツが好きだから、チェダーチーズをすりおろして、マッシュルーム、タマネギ、ピーマンとハムをスライスして、オムレツが固まるにつれて足していく。(これを書くだけでおなかが減るなぁ。)しかし、具材のバランスが少し難しい。入れすぎると半分に折れにくくなる。少ないと、ただの大量のたまごだ。なーんてな。

 

家族は私の作るオムレツが好きだったようだ。オムレツを作るのを辞めるように言わなかったので、家族はただ私にすごく優しいのか、オムレツが好きだったのか。後半へ行こうか。割と上手にフライ返し無しでオムレツをひっくり返せるようにもなった。これはなかなか難しく、失敗すると大変なことになることもある。(もちろん、フライ返しを使っても、話は一緒だが。)だけど、完璧にオムレツをひっくり返せたとき、そりゃもう、最高の気分だよ。そして、オムレツを作るときの素晴らしいポイントの一つは、ひっくり返すのを失敗した場合、その勢いで最初からスクランブルエッグを作るつもりだったと言い張れる。プラス思考の力だ!

 

日本に住み始めて、外国語指導助手として働いていたころ、料理を作る国際交流イベントに誘われることが時々あった。得意料理を作るべく、ある時オムレツを作ることにした。いつもの具材を用意し、オムレツを作り、参加者に振舞った。そのとたんに、タマネギが辛いと皆さんが言い始めて、そんなはずがないと私はすごく混乱した。ひと口食べてみた。なあああにいいい!タマネギの味わいはまるで顔に往復ビンタを食らうようだった。

 

私が混乱した理由は、私が若いころ、アメリカで住んでいた場所に関係がある。ワシントン州の南東部は、「ワラワラ・スイート・オニオン」というタマネギの種類で有名だ。名前の通り、生でも甘い味がする。何もしなくても大丈夫。なぜならとてもおいしいからだ。生でも最高!ハンバーガーの上に生スライスをのせることもできる、本当に最高。私はタマネギはそういう味がするものだと思いながら育ったワケさ。だからこそ、それが例外だとわかった時のショックが大きかった。そして、私がタマネギの正しい調理方法を知らないために、オムレツをおいしく食べられなかった人に対して申し訳ない気分でいっぱいだった。

 

もしかして、それが料理イベントにもう声がかからなくなった理由なのかな…

 

 

 

Dustin John Kidd(ダスティン  ジョン  キッド) さん

 

【教えて!Dr.Eggs!キッドさんプロフィール】
Dustin John Kidd(ダスティン  ジョン  キッド)  43歳
アメリカ合衆国アイダホ州生まれ
島根県立大学短期大学部准教授

<趣味>映画、音楽、読書、旅行、神社仏閣など

松江市の英語版案内パンフレットの編集、古事紀編纂1300年の島根県の事業の一環として英語ホームページ作成、また縁結び観光協会の英語パンフレットの作成など、松江市、出雲地方や島根県の海外発信に携わる。
島根のこだわりの卵のこと、文化のことなどを島根県立大学短期大学部准教授でもあるDustin John Kidd(ダスティン  ジョン  キッド)さんにコラムを書いていただいています。

 

たまごについてもっと知りたい方はこちらもチェック!!

 


【たなべ森の鶏舎】
私たちは鶏さんを“健康に、大切に”育てています。
島根県吉田村の水と食事と平飼いにこだわった有精卵です。
▶鶏さんの情報発信中!!
たなべ森の鶏舎Instagram

たなべ森の鶏舎オンラインショップ

【たなべ森の鶏舎オンラインショップ】

おいしい空気・風・光の降りそそぐ森の中で育てられた鶏さんたちの「たまご」販売や
新鮮たまごで作られたバウムクーヘン『ままたまごばうむ』や『ままたまごぷりん』などの
販売をしています。
ご自宅用からギフトまで取り揃えております。
▶ままたまご商品の情報発信中!!
Instagram
Facebook
Twitter
フォローよろしくお願いします!!

一覧へ戻る